CMTがマーケティングを進化させる

 2021.10.28  カスタマーデータ活用ポータル編集部

CMTという役職をご存知でしょうか。CMTは、Chief Marketing Technologistの略称で、欧米を中心にその地位が確立され現代のマーケティングにおいて必要不可欠な人材です。

企業のマーケティングは、もはやマス広告を中心としたアプローチだけでは成り立たなくなっています。インターネット利用が普及した現在、デジタルマーケティングを駆使しビッグデータ化するあらゆるデータを管理し次のマーケティング戦略を立案していくことが必要不可欠です。

B2Bコマースを実現する デジタルコマースプラットフォームのご紹介
SAP Customer Data Cloudご紹介

しかし、旧来型のマーケティング部門はITのスキルが低く、対して情報システム部門は日進月歩するマーケティング要件を正確に理解しITに落とし込めないという問題が生じています。

このような背景からマーケティング部門と情報システム部門の両方を知る人材が必要となってきているのです。その役職こそがCMTでありITとマーケティングの架け橋役を担います。

一般的にCMTはCMOの直轄の場合が多くマーケティング先進企業ではCMTO(Chief Marketing Technology Officer)と呼ばれる役職まで用意されるようになっています。

もはや近代的なマーケティングにはITは必要不可欠でありITを駆使してこそ市場の競争優位の源泉を見出せない時代なのでしょう。


RECENT POST「マーケティング」の最新記事


マーケティング

マーケティング担当者が知っておきたいGDPRとは?

マーケティング

デジタルビジネスを成功に導くコンテンツ管理システム

マーケティング

CMSとは?構築方法やメリット・デメリットを解説!

マーケティング

マーケティングオートメーション(MA)の運用を始める前に

CMTがマーケティングを進化させる