スノッブ効果(Snob Effects)

 2021.10.28  カスタマーデータ活用ポータル編集部

他人と違うものや入手困難なものほど需要が増大する

スノッブ効果(Snob Effects)とは、他人と同じものは購入したくなく、他人とは違うものが欲しいという心理が作用する現象のこと。入手が困難なほど需要が増大し、一般大衆化するにつれて需要が減少するというスノッブ効果は、バンドワゴン効果同様にアメリカの経済学者であるハーヴェイ・ライベンシュタイン(Harvey Leibenstein)氏が自身の論文『Bandwagon, Snob and Veblen Effects in the Theory of Consumers' Demand』Harvey Leibensteinの中でスノッブ効果として提唱しました。

B2Bコマースを実現する デジタルコマースプラットフォームのご紹介
SAP Customer Data Cloudご紹介

マーケティングでスノッブ効果を利用する

マーケティングにおいてスノッブ効果はあらゆる場所で活用できます。
たとえば同じブランドラインにおいて、限定品などをリリースすることで一定のファンの所有欲や優越感を得たいという心理を購買行動へと誘導させることが可能になります。


RECENT POST「マーケティング」の最新記事


マーケティング

マーケティングオートメーションの役割と戦略

マーケティング

マーケティングオートメーション(MA)の運用を始める前に

マーケティング

マーケティングオートメーションとは

マーケティング

バンドワゴン効果(Bandwagon Effects)

スノッブ効果(Snob Effects)