Webサイトのデータ分析・活用方法とは?

 2021.09.09  カスタマーデータ活用ポータル編集部

Webサイトの運用効率を最大化するためには、ユーザーの行動や流入経路を定量的に把握しなくてはなりません。そこで重要となるのがWebサイトのデータ分析です。本記事はWebサイトの運用効率を最大限に高める上で欠かせないデータ分析について詳しく解説します。

なぜWebサイトのデータ分析が必要なのか

Webサイトにはさまざまな形態があり、それによって求められる役割や目的が異なります。たとえば、企業の顔となるコーポレートサイト、商品やサービスを販売するECサイト、求職者に自社の魅力をPRするリクルートサイトなどが挙げられます。Webサイトには、こうした多様な形態があるものの、本質的な目的は自社の商品やサービスの認知度向上や、販促機会の最大化です。したがって、どのような形態のWebサイトであれ、いかにして多くのユーザーを集客するのかが重要な課題といえるでしょう。

自社メディアがより多くのユーザーに支持されるためには、Webサイトの現状を定量的に分析し、その分析結果をもとに継続的な改善に取り組まなくてはなりません。競争の激しい現代市場において競合他社に負けないメディアをつくるためにも、Webサイトのデータ分析は不可欠な施策といえます。そして、Webサイト内におけるユーザーの行動や流入経路、滞在時間や直帰率などを細かく分析し、ユーザー目線で改善を実施していくことが重要です。

主流になるデータプライバシー カスタマーエクスペリエンスの思いもよらない機会
「顧客中心主義eコマース」のポイントとは?

アクセス解析ツールとは

Webサイトのデータ分析を実施していく上で欠かせないのがアクセス解析ツールです。アクセス解析ツールとは、Webサイトに訪問したユーザーの属性や行動を分析するソリューションを指します。たとえば、Google社が提供している「Google Analytics」や、Adobe社が提供している「Adobe Analytics」などが代表的なアクセス解析ツールとして知られています。

また、同じくGoogle社が提供している「Google Search Console」も非常に高機能なアクセス解析ツールです。Google Search Consoleは、Google検索での平均掲載順位や合計表示回数、外部リンクや内部リンクの状況などを可視化できるという特性を備えています。また、Webサイトのデータ分析に必須となる、ユーザーの流入キーワードを取得することもできます。サイトマップの登録やインデックス状況の確認なども可能なため、Webサイトを運営していく上で欠かせないツールといえるでしょう。

アクセス解析ツールの種類

アクセス解析ツールは大きく分けると主に3種類に分類されます。それが「Webビーコン型」「パケットキャプチャリング型」「サーバーログ型」の3つです。1つ目のWebビーコン型は、Webサイトの各ページに埋めこまれたJavaScriptタグが動作することで、解析サーバーに情報を転送するアクセス解析ツールです。先述したGoogle Analyticsをはじめとして、多くのアクセス解析ツールがWebビーコン型を採用しています。

2つ目のパケットキャプチャリング型は、Webサーバーを流れるパケットを取得して解析サーバーに情報を転送するタイプのアクセス解析ツールです。ネットワーク上に解析専用のサーバーを設置する必要があるため、導入費用が高額な傾向にあります。3つ目のサーバーログ型は、Webサーバー上にユーザーのアクセスログを集約し、クライアント端末のリクエストに基づいて情報を記録するタイプのアクセス解析ツールです。

Webサイトのデータ分析でわかること

Webサイトのデータ分析によって把握できる具体的な指標について見ていきましょう。

ユーザー行動

Google AnalyticsやAdobe Analyticsを用いることで、Webサイト内におけるユーザーの行動を具体的な指標として定量的に把握することができます。たとえば「セッション数」「直帰率」「離脱率」「平均滞在時間」などが代表的な指標です。セッション数とは、特定の期間内にユーザーがWebサイトを訪問した回数を示す指標です。ユーザーが訪問してから離脱するまでを1セッションとして計測します。

直帰率は、Webサイトを訪れたユーザーが他のページに遷移することなく直帰した割合を示す指標です。仮に直帰率が高い値を示しているのなら、ユーザーのコンテンツに対する満足度が低いと予測されるため、ページの改善が求められます。たとえば、読み込み速度の遅いWebサイトは直帰率が高い傾向にあります。また、その他にもコンテンツとキーワードの不一致や内部リンクが整備されていないなどの原因が考えられるでしょう。

離脱率は、複数ページを遷移したユーザーの最終閲覧ページとなった割合を示す指標です。離脱率はユーザーが他サイトへ遷移する、またはブラウザを閉じる割合を意味するため、数値が高ければ直帰率と同様に改善が必要といえます。平均滞在時間はユーザーがどれだけコンテンツを読み込んでいるかを推し量る指標のひとつです。検索エンジンは直帰率や離脱率が低く、平均滞在時間の長いWebサイトを評価する傾向にあるため、これらの数値を分析して適宜改善していく必要があります。

流入経路

Webサイトのデータ分析によって、ユーザーの流入経路を可視化できます。流入経路とは、ユーザーがどのようなルートを辿ってWebサイトを訪問したのかを示す項目です。Webサイトへの流入経路はいくつかのパターンが存在します。たとえば、GoogleやYahoo!といった検索エンジン経由の「検索流入」、TwitterやInstagramからの「SNS流入」、ブックマークからの「直接流入」、あるいはリスティング広告やディスプレイ広告からの「有料検索流入」などが挙げられます。

おすすめのWebサイトデータ分析ツール

Webサイトのデータ分析を実施する上で欠かせないのが、サイトデータ分析ツールの導入です。しかし、さまざまな企業から多種多様な製品がリリースされているため、選択に迷う人も少なくありません。そこで、おすすめのサイトデータ分析ツールを4つ紹介していきます。

Google Analytics

Google Analyticsは、個人から法人まで多くのWebサイト運営者に利用されている定番のアクセス解析ツールです。たとえば、セッション数やセッションの継続時間、直帰率やアクティブユーザーの動向など、ユーザーの行動を定量的に把握できます。また、Webサイト内における各ページの訪問数や閲覧開始数、滞在時間や離脱率なども具体的に分析可能です。無料とは思えないほど優れた機能を備えているので、真っ先に導入したいツールといえます。

AIアナリスト

AIアナリストは、株式会社WACULが提供するWebサイト分析・改善提案自動化ツールです。AIを駆使した改善提案機能により、精度の高い改善策の提案や成果予測が実現します。また、Google Analyticsと連携して、AIがレポートの作成や改善案の提案などを行ってくれる点も大きな特徴です。AIが独自に知見に基づく改善案を提出してくれるという特性が評価され、多くの企業で導入が進んでいます。

SimilarWeb

競合サイトの解析に役立つのがSimilarWebです。Google Analyticsは非常に優れたアクセス解説ツールですが、競合サイトの流入数などを可視化することはできません。SimilarWebは、競合サイトとの比較機能が搭載されており、競合サイトのデータ分析も実施可能です。無料版と有料版の2種類があり、無料版では「ウェブ分析」「データ取得約1ヶ月分」「情報表示上位5位」の3つの機能が利用できます。

Social Insight

Social Insightは、SNSマーケティングの分野において有効なデータ分析ツールです。ソーシャルメディアのアカウント情報を収集し、多角的に分析できます。TwitterやInstagramといった主要SNSはもちろん、YouTubeやLINEなどのユーザー分析や時間帯分析、競合アカウント分析も可能です。SNSマーケティングを重点的に展開している企業にとって不可欠なツールといえるでしょう。

「SAP Marketing Cloud」を活用して高度なデータ分析を実現

データ分析ツールの導入を検討している企業におすすめしたいのが、SAP社が提供する「SAP Marketing Cloud」です。SAP社はERP分野において世界トップシェアを誇る企業であり、BIツールやGRCツールなど、さまざまなソリューションを提供しています。SAP Marketing Cloudは、そんなSAP社が提供する高度なデータ分析ツールで、無駄のない効率的なWebマーケティングの展開に寄与するソリューションです。SAP Analytics Cloudとの連携も可能で、高度な分析機能を利用して、より高度な経営判断や迅速な意思決定に貢献します。SAP Marketing Cloudについて詳しく情報を知りたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.sap.com/japan/products/crm/marketing.html

まとめ

20世紀後半から21世紀初頭にかけて起きたIT革命によって市場の在り方が大きく変わり、いまやインターネットの活用なくしてビジネスの発展はあり得ないと言っても過言ではありません。このような時代のなかで企業が市場の競争優位性を確立するためには、WebサイトやSNS、リスティング広告などを活用したWebマーケティングが必須の施策となっています。そして、Webサイトを活用したマーケティング戦略を展開していく上で欠かせないのがデータ分析です。ぜひ、本記事を参考にしてWebサイトのデータ分析に取り組んでください。


RECENT POST「顧客データ」の最新記事


顧客データ

データ分析に欠かせないプロセスとツール

顧客データ

データ分析の基本と実践

顧客データ

データ統合がデジタルマーケティングに必要な理由とは

顧客データ

データ連携におすすめのツール10選

Webサイトのデータ分析・活用方法とは?