B2B向けWebサイトリニューアル時に注意すべきポイント

 2021.09.08  カスタマーデータ活用ポータル編集部

現代ビジネスに欠かせないWebサイトですが、どのようなタイミングでリニューアルすればよいのか判断できない、といった企業担当者は少なくありません。本記事では、B2B向けWebサイトをリニューアルするタイミングや、注意すべきポイントを解説します。併せて、Webサイトに取り入れるべきテクノロジーも紹介しましょう。

Webサイトリニューアルのタイミングとは?

企業のIT担当者にとって、Webサイトリニューアルのタイミングは悩みの種です。なぜなら、Webサイトをリニューアルする明確なタイミングの定義はなく、判断しづらいからです。

一つの判断基準としては、デザインや機能の劣化が挙げられます。時代の流れとともに、洗練されたデザインを採用し、優れた機能を実装したWebサイトが増えています。デザインや機能のアクセスユーザーに与える印象は大きいため、それらが古すぎるのであればリニューアルを検討した方がよいでしょう。

また、十分なセキュリティ対策ができていない場合、見直しを考えるベストなタイミングかもしれません。近年では、サイバー攻撃の手口がより巧妙化しており、中小企業が狙われるケースも増えています。自社の信頼性にも大きく関わるため、セキュリティに脆弱性が認められれば、見直しや改善の時期だといえるでしょう。

アクセスの伸び悩みやコンバージョンの減少も、リニューアルを考えるよい機会です。サイト設計や機能などに、何かしらの問題が生じているのかもしれません。この機会に見直しと改善を図ってみましょう。

SSAPカスタマーエクスペリエンス
The Total Economic Impact of SAP

Webサイトリニューアルの手順

具体的なWebサイトリニューアルの手順を見ていきましょう。Webサイトリニューアルでは、「要件定義→サイト構築」のように進めるのが一般的です。

要件定義とは、Webサイトをどのように仕上げるかを考えるプロセスです。まずは、現状における課題の抽出や整理を行い、そのうえで目的や目標を明確に設定します。その後、要件定義書に抽出した課題や設定した目的、予算、スケジュールなどを記載していきます。

サイト構築とは、実際にWebサイトを構築していくプロセスです。サイトの全体像となるサイトマップを作成し、メニューボタンやコンテンツなどをどの位置に配置するのか、レイアウトも決めていきます。

デザイン案が確定し、コンテンツも制作できたら、いよいよマークアップ言語やプログラミング言語を使用して、サイトを作成していくコーディングに入ります。これが、大まかなWebサイトリニューアルの流れなので、覚えておきましょう。

B2B向けWebサイトリニューアルで注意するべきポイント

企業のWebサイトリニューアルにおいては、いくつか注意すべきポイントがあるので要チェックです。注意点をおさえておかないと、目的にマッチした仕上がりにならず、再度見直しや改善をしないといけなくなるおそれがあります。

目的を明確に

起こりがちな失敗として、Webサイトのリニューアルが目的になってしまうケースがあります。Webサイトは、あくまで企業が事業活動で利益を得るためのツールであり、リニューアルは効果を最大化させるための手段です。

リニューアル自体が目的になってしまうと、完成した時点で満足して終わってしまいます。このような状況にならないよう、最初に目的を明確にしておく必要があります。「問い合わせ件数を従来の30%増やす」のように、具体的な数値を含めることもおすすめです。

目的が決まれば、ターゲットやペルソナの選定に進んでいきましょう。目的が明確になっていれば、それを実現するのにどのような層へアプローチすればよいのかが見えてきます。

SEO対策

SEOは、特定のキーワードで検索されたとき、自社サイトを検索ページ上位に表示するための施策です。サイト運営における基本でもあり、オンラインで集客を狙うのに欠かせません。

検索エンジンからの流入を増やしたいのであれば、SEOに関する知識が必要です。重要なキーワードをタイトルやコンテンツに含める、良質なコンテンツを量産する、レスポンシブ対応に切り替えるなど、確かな知識に基づいた施策が求められます。

ただ、SEOの世界はとても奥が深く、高度でなおかつ専門的な知識が求められるのも事実です。そのため、本格的に進めたい場合は専門業者への依頼も検討した方がよいでしょう。

ユーザー視点のサイト作り

素晴らしいデザインを採用し、SEOを意識したサイトを設計したとしても、ユーザーが使いにくいサイトでは成果を得られません。大切なのは、常にユーザーの視点で考え、アクセスした誰もが使いやすいサイトに仕上げることです。

容量の大きな画像を使いすぎてサイトが重い、問い合わせをしたくてもフォームが見つからないなど、ユーザーが不便に感じるサイトは当然NGです。パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末でのアクセスにも配慮し、レスポンシブ対応にしておくことも重要なポイントといえるでしょう。

Webサイトの運営で成果を得るには、ユーザーが納得してアクションを起こせるような設計も必要です。問い合わせの確保が目的なら、重要なコンテンツのすぐそばにフォームを配置するなど、誘導できる仕組みづくりが求められます。

B2B向けWebサイト取り入れるべきテクノロジー

現在では、さまざまなテクノロジーを導入した企業Webサイトをたくさん目にします。このようなテクノロジーを活用すれば、より成果を達成しやすくなるでしょう。リニューアルの機会に、成果へつながるテクノロジーの導入も検討してみませんか。

Web動画

Web動画は、営業ツールとしても活用できる、有益なテクノロジーです。特に近年は、新型コロナウイルス感染症の影響により、B2Bのマーケティングスタイルが大きく変化しました。従来のように、対面での商談や取引が難しくなり、動画コンテンツを活用する企業が増加したのです。

また、Web動画にはさまざまなメリットがあるため、今後活用を始める企業はより増加すると考えられます。動画の場合、言葉での説明が難しい商品やサービスを映像で紹介できるため、相手にわかりやすく伝えられるメリットがあります。

経験が浅い新人の営業担当者であっても、動画を用いれば正確に情報を伝えられるでしょう。営業担当者の質を均一化でき、売上や利益向上につながります。言葉やテキストで伝達するよりも伝わりやすいため、Webサイトへの導入もおすすめです。

Web接客ツール

Web接客ツールとは、チャットツールやチャットボットなどを活用し、アクセスユーザーとやり取りできるツールです。チャットツールならリアルタイムでテンポよくコミュニケーションが取れ、チャットボットならユーザーの求める情報をスムーズに提供できます。

Web接客ツールの導入により、コンバージョンの増加が望めます。また、ツールによってはさまざまな機能が搭載されており、ユーザー情報の収集やセグメント分けができるものもあります。アクセスユーザーの行動を分析・予測したうえで、ベストなタイミングに応じて特定のアクションを起こす、といったことも可能です。

また、マーケティング関連のツールと連携をつなげるものもあります。外部サービスやツールとの連携により、さらに大きな成果も期待できるでしょう。現在、いくつものWeb接客ツールがリリースされており、機能や費用などは大きく異なります。選定の際には、さまざまな部分を比較しつつ検討しましょう。

サイト運営を成功に導く「SAP Commerce Cloud」

「SAP Commerce Cloud」は、販売や購買プロセスのシンプル化を実現できる、eコマースプラットフォームです。ユーザーの好みや意図に基づくショッピング体験を提供し、コンバージョン率や顧客満足度の向上、受注額拡大を狙えます。

パソコンにタブレット端末、スマートフォンなど、デバイスを問わず、最高のエクスペリエンスを提供できることが特徴です。もちろん、個々のデバイスに対応すべく、自身でコーディングを行う必要もありません。デバイスに合わせて、自動的に最適化されるため安全性が高いです。

ビジネスのニーズや予算に合わせて選べる、2つの料金プランを用意しています。「Standard edition」と「Professional edition」の2つがあり、どちらも公式サイトから見積もりのリクエストが可能です。なお、デモも利用できるため、機能や操作性などを事前に確認したうえで、導入できるのも魅力といえるでしょう。

SAP Commerce Cloudは、すでにさまざまな企業が導入している実績があります。公式サイトでは、チャットやメールなどで気軽に相談できるので、気になった方は一度問い合わせしてみてください。

まとめ

「デザインや機能、セキュリティが古い」「アクセスやコンバージョンが減少した」といった状況であれば、Webサイトリニューアルのタイミングだと考えられます。リニューアルせずに放置してしまうと、ライバル企業にどんどん先を行かれてしまうかもしれません。

サイトリニューアルで大切なのは、目的の明確化とSEO、ユーザビリティを考えたサイトづくりです。これらを意識したうえで、リニューアルのプランを練ることが重要です。本記事で紹介した、eコマースプラットフォームの導入も併せて検討してみましょう。


RECENT POST「マーケティング」の最新記事


マーケティング

Webサイトに必要な認証・認可とは?意味や違いを含めて解説

マーケティング

Webサイト制作における仕様書とは?書き方や注意点を解説!

マーケティング

B2B向けWebサイトの基本構成や必要なマーケティングプラットフォームとは?

マーケティング

コンテンツ管理システムがデジタルマーケティングにもたらすメリット

B2B向けWebサイトリニューアル時に注意すべきポイント