データ連携プラットホームを活用して企業の課題を解消

 2021.09.30  カスタマーデータ活用ポータル編集部

企業にとって情報はヒト・モノ・カネに次ぐ第4の経営資源であり、テクノロジーの進歩・発展に伴って、これまで以上にデータ管理の重要性が高まっています。そんななかで大きな注目を集めているのが「データ連携プラットホーム」です。そこで本記事では、データ連携プラットホームの概要や具体的なメリットについて解説します。

データ連携の課題

「データ連携」とは、組織内に分散して保管されているデータを連携し、統合的に管理する手法を指します。たとえば企業の業務データは、各部門の情報システムで個別に管理されているのが一般的です。部門ごとに保管されている業務データを連携して一元管理できれば、全社横断的な情報共有が可能になり、意思決定の迅速化や部門を跨いだ業務連携の強化につながります。

しかし、一般的な情報システムは基本的に各部門に最適化されており、部署を跨いだ連携を考慮して設計されているわけではありません。部門によって取り扱うデータのフォーマットも異なるため、単に情報システムを連携するだけでは、かえって業務効率の低下を招く可能性もあるでしょう。また、組織内の情報システムを連携させるためには、相応のITインフラを整備する必要があり、企業規模の大きな組織ほど多大なコストがかかります。

「顧客中心主義eコマース」のポイントとは?
顧客の信頼を獲得しデータのプライバシー規制および保護規制に対応する

データ連携プラットホームとは

「データ連携プラットホーム」とは、企業の各部門の情報システムに蓄積されている業務データを連携し、一元的に管理できるシステムです。企業が管理する業務データは部門によって形式が異なり、顧客情報や販売管理データ、消費者データや製品情報、稟議書や請求書、Webサイトのアナリティクスデータや各種システムのネットワークデータなど、さまざまなフォーマットがあります。データ連携プラットホームは、こうした構造化データや非構造化データなどのフォーマットを問わず、多様なプロトコルをサポートします。

組織内のデータを連携する方法としては、スクラッチ開発でゼロからデータ連携基盤を構築したり、企業内アプリケーションを統合するEAIツールを活用したりといった、いくつかの手法が考えられます。データ連携プラットホームは、既存の情報システムを活用しながら、組織内の業務データを連携する仕組みを構築するITソリューションです。スクラッチ開発ほどの自由度や柔軟性はないものの、導入費用や工数といったコストを抑えながら効率的なデータ連携基盤を構築することが可能です。

データ連携プラットホームのメリット

データ連携プラットホームを導入するメリットとして、3つの要素が挙げられます。それが「データの統合」「コスト削減」「業務全体の効率化」です。ここからは、データ連携プラットホームの導入によって得られる具体的なメリットを見ていきましょう。

データの統合

データ連携プラットホームの最も大きなメリットは、データの統合管理が可能になる点です。テクノロジーの発展に比例し加速していく市場の変化に対応するためには、スピーディな経営判断と意思決定が欠かせません。データ連携プラットホームの導入によって、各部門で個別管理されているデータを統合管理できれば、部門を横断した情報共有や業務連携が可能になり、経営判断と意思決定の迅速化に寄与します。また、データ分析ツールと組み合わせることで、経営状況の可視化や定量的なデータ分析に基づく需要予測が可能になります。

コスト削減

データ連携プラットホームの導入によって得られる2つ目のメリットは、データ分析のコスト削減です。データ分析には、情報の収集・蓄積・加工・分析というプロセスが必要であり、「データレイク」「データウェアハウス」「データマート」の3層構造によって実施されます。複数の情報システムから多様な形式のデータを収集して分析するためには、相応のITインフラを構築しなくてはなりません。データ連携プラットホームは多くの連携手法やフォーマットに対応しているため、データ分析におけるコスト削減に大きく貢献します。

業務全体の効率化

データ連携プラットホームを導入する3つ目のメリットは、業務全体の効率化です。冒頭で述べたように、各部門に散在している業務データを統合的に管理することで、全社横断的な情報共有が可能になります。情報共有の円滑化によって部門間連携が強化され、組織全体における業務効率の改善と労働生産性の向上につながります。また、よりリアルタイムな情報共有が可能になるため、市場の変化や多角化する顧客ニーズにフレキシブルに対応できる点も大きなメリットです。

「SAP Customer Experience」で顧客データをスムーズに連携

情報通信技術の進歩・発展によって、さまざまな産業が発展するなか、その裏で市場の競争性は激化の一途を辿っています。情報化の進展によって顧客ニーズは多様化し、製品やサービスに求められる品質は年々高度化しています。このような時代のなか、企業が新たな市場価値を生み出すためには、定量的なデータ分析による経営戦略の立案が欠かせません。そこでおすすめしたいのが、ERP分野の先進的企業であるSAP社が提供する「SAP Customer Experience」です。

SAP Customer Experienceは、企業に蓄積されている膨大な顧客情報を1つのプラットホームで統合管理するCRMシステムです。「Customer(顧客)」+「Experience(体験)」というサービス名の通り、顧客一人ひとりのデータを分析することで、優れた顧客体験を提供できます。さらにSAP社のERPシステム「SAP S/4HANA」と連携することで、顧客情報と基幹業務情報を組み合わせたデータ分析も可能です。データ連携プラットホームの構築を検討している企業は、この機会にSAP Customer Experienceを導入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

データは収集するだけでは意味を成さず、定量的な分析によって事業戦略に活用してこそ真価を発揮します。企業がもつデータの運用効率を最大化するためには、各部門の情報システムを連携するだけでなく、膨大な経営データを分析できるITインフラを整備しなくてはなりません。データ連携プラットホームは、組織内の情報を一元的に管理するだけでなく、定量的なデータ分析に基づく事業戦略の立案に寄与します。重要な経営資源である情報を最大限に活用するためにも、データ連携プラットホームの導入をぜひ検討してみてください。


RECENT POST「顧客データ」の最新記事


顧客データ

データ連携とは?ポイントごとに紹介

顧客データ

データの利活用に不可欠なプラットホームの構築

顧客データ

BtoB企業で導入が進むデータ連携基盤の構築方法と選定ポイント

顧客データ

データ連携におすすめのツール10選

データ連携プラットホームを活用して企業の課題を解消