ブランディングとは?Webブランディングをおすすめする理由を紹介

 2022.05.18  顧客体験(CX)活用ポータル編集部

ブランディングは、企業の商品・サービスの価値を消費者に認知させて、経営を軌道に乗せるための重要な手段です。本記事ではさまざまな広報ツールを上手に活用して商品・サービスの売上アップを図りたい広報担当者のために、ブランディングの意味やメリット、具体的な手法などをわかりやすく解説します。

ブランディングとは?

ブランディングとは、商品やサービスの価値を消費者に認知させて、ブランドを形成するために行うさまざまな活動を指す言葉です。企業の意図する商品やサービスの価値と消費者の認知する商品やサービスの価値を一致させることが重視されます。

ブランディングは、世界的に名前の知られる大企業のみではなく、商店街の小売店や中小企業においても実施される活動です。ブランディングを行うことで、自社の商品やサービスと他社のものとの違いを明確にし、消費者を囲い込むことができます。

カスタマーエクスペリエンスの時代には信頼が不可欠
オムニチャネル時代における顧客体験改善の秘訣とは?

ブランディングはなぜ必要なのか

ブランディングは、企業に対してさまざまなメリットをもたらします。以下では、ブランディングの代表的なメリットを4つ解説します。

収益を上げられる

ブランディングを行い、「高品質なカバンと言えばこのメーカー」「子供の好きなプリンと言えばこの商品」といったイメージが定着すると、消費者から選ばれる確率が高まります。確かなブランドが形成された商品・サービスは、価格以外の要素で消費者に訴求し、売上を伸ばすことが可能です。結果として企業同士の価格競争から解放され、自社の考える「本当に良い商品・サービス」を適正価格で消費者に提供できます。

人材を確保しやすい

商品やサービスの価値が消費者に認知されると、優秀な人材に対しポジティブな印象を与えられる可能性が高まります。結果として就職・転職市場で優位に立ち、高いスキルや経験を持つ人材を確保することができるでしょう。

また、ブランディングによって企業の想いや商品・サービスの世界観が消費者に認知されていく過程を目にすると、従業員のモチベーションが高まります。その結果、早期離職する従業員が減少し、企業の安定的な成長を図ることも可能です。

市場競争力が上がる

ブランディングの過程では、商品やサービスの名前、デザインが他社に模倣されないように、商標登録・意匠登録を行うことも多くあります。そのため、企業独自の商標や意匠が法的に保護されて、市場競争力を上げることが可能です。

商標登録や意匠登録を行わないと低品質な模倣品が世に出回り、ブランドイメージを大きく損なうリスクがあります。せっかく形成したブランドイメージを守るためにも、ブランディングの過程において知的財産を守るための手続きを行うことが大切です。

取引で優位に立てる

ブランド力のある企業は、取引先との交渉で優位に立てる可能性があります。たとえば有名自転車メーカーでは、取引先が「あの企業の自転車製造に関われば、自社のよい宣伝になる」と考えて、柔軟な価格交渉に応じてくれることもあるでしょう。取引先との交渉で優位に立てることは、販売コストを削減するための強力な武器になります。結果として商品やサービスの市場競争力をより高め、強固な収益基盤を築くことが可能です。

ブランディングにWebの活用をおすすめする理由

従来のブランディングは、テレビCMや新聞広告を活用する手法が主流でした。しかし近年では、従来のものに加えて、Webを活用する手法が広まっています。ここからは、ブランディングにWebの活用をおすすめする理由を紹介します。

24時間どこからでもアクセスできる

Webブランディングで活用する広告媒体には、世界中のどこからでも好きなときにアクセスできます。そのため、幅広い層の消費者に対して、効率的に情報発信することが可能です。Webブランディングで活用する広告媒体は、24時間無休で働く営業担当者のような役割を果たします。そのため、消費者に商品やサービスの価値を認知させるまでの期間を短縮し、スピーディーにブランディングを行うことができるでしょう。

導入コストを抑えられる

テレビCMや新聞広告を制作するためには、多額のコストが必要です。Webを活用すれば、既存のデザインアセットを上手に活かし、より少額のコストでブランディングに取り組めます。

また、テレビCMや新聞広告によるブランディングを継続するためには、多額の運用コストも必要です。Webを活用したブランディングでは、限定的なコストでPDCAサイクルを回し、より訴求力の高い内容にブラッシュアップできます。

詳細な情報を伝えられる

テレビCMや新聞広告では、決められた時間や広告枠内におさまる量の情報しか伝えることができません。一方、Webブランディングでは情報量の制限がなく、必要に応じて動画や画像も活用し、さまざまな切り口から商品やサービスの価値を伝えられます。

また、Webブランディングではすべての消費者に対して、均一な情報を伝えることが可能です。商品やサービスの価値を適切に反映した情報を掲載すれば、営業担当者の説明スキルやモチベーションに左右されず、質の高いブランディングを行えます。

ユーザー情報が分析できる

Webブランディングでは、情報を閲覧したユーザーの年齢や性別、地域などの情報を収集し、詳細に分析できます。さらに一部の広告媒体では、ユーザーと双方向のコミュニケーションを取り、関係性を深めることも可能です。ユーザーと双方向のコミュニケーションを繰り返すことで、より商品やサービスを身近に感じてくれるようになります。結果として強固なファンを作り、消費者を囲い込むことが可能です。

Webブランディングの方法

Webブランディングでは、主に自社サイトとソーシャルメディアを広告媒体として活用します。Webブランディングの基本的な進め方を把握して、自社の広報活動に役立ててください。

自社サイトの見直し

自社サイトは、ブランドイメージを象徴する企業の顔です。自社サイトがない企業は、ターゲット層や発信したいメッセージを整理したうえで、制作を進めてください。

すでに自社サイトがある場合はデザインやコンテンツを見直し、ブランディングに役立つ内容へとブラッシュアップする必要があります。テレビCMや新聞広告と自社サイトを併用してブランディングを行う場合は、デザインのテイストや発信するメッセージの方向性を統一することも大切です。

コンテンツ制作

Webブランディングでは、消費者が価値を感じるコンテンツを制作して、商品・サービスのリピーターや企業のファンを獲得する必要があります。消費者へ効果的に訴求するための情報発信方法を整理して、コンテンツを制作しましょう。

Webブランディングを通じて獲得したファンをつなぎ止めるためには、定常的にコンテンツを制作していくことも大切です。自社サイトやSNSにアクセスしたユーザーの情報から必要なコンテンツを検討して、効果的なブランディングにつながるものを制作しましょう。

ソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアは消費者と日常的なコミュニケーションを取るための場所として機能します。企業名や店名でソーシャルメディアのアカウントを作成し、投稿による情報発信を行ってください。

ソーシャルメディアの投稿では、一貫したメッセージを発信することが大切です。複数の担当者で運用する場合はあらかじめ方向性を話し合い、投稿によって内容が相違することのないように配慮しましょう。

まとめ

ブランディングとは商品・サービスの価値を適切に認知させることで、差別化を図る活動です。限定的な予算で幅広い層の消費者に効率的にアプローチするためには、Webブランディングを行いましょう。

デザインシンキングの実践事例とワークショップのご案内

RECENT POST「マーケティング」の最新記事


マーケティング

コンテンツ管理システムがデジタルマーケティングにもたらすメリット

マーケティング

コンテンツ管理システム(CMS)とは?種類や機能などの基礎知識を解説!

マーケティング

Webマーケティング成功の鍵を握るKPIとは?

マーケティング

MEO対策とは?MEO対策をするメリットと対策方法を詳しく解説

ブランディングとは?Webブランディングをおすすめする理由を紹介
デザインシンキングの実践事例とワークショップのご案内
次のレベルのパーソナライゼーション

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み

RANKING人気記事ランキング