CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは?活用法やメリットを解説!

 2021.10.28  カスタマーデータ活用ポータル編集部

「CDPとは何か知りたい」「CDPのメリットを詳しく確認したい」など、CDPツールに関してお悩みではないでしょうか。CDPは、社内でバラバラに管理されている顧客データを統合し、さまざまなデータ活用を可能にするツールです。本記事では、CDPツールの特徴やメリット、活用方法などを解説します

CDPとは

「CDP」とは「Customer Data Platform」の略で、日本では「顧客管理システム」や「プライベートDMP」とも呼ばれています。一言でいえば、企業が営業活動の中で集めていた顧客情報を収集・統合・分析・管理するプラットフォームです。

CDPには、インターネット上のサイトで購買履歴がある顧客の住所や氏名、性別、メールアドレス、電話番号など、個人の基本情報が保存されています。CDPで集められるこれらの情報に加え、自社が保存する顧客のサイト閲覧に関する情報やアンケートの回答、購買情報といった行動データや、年齢・性別などの属性データを総じて「1stパーティーデータ」と呼びます。CDPでは自社の1stパーティーデータだけでなく、CRMやMAなどのサービスと連携した際に得られる外部データ、いわゆる「3rdパーティーデータ」の分析・利用も可能です。

営業活動において自社データを有効利用するためには、CRMといったすでに利用している他ツールや購買情報、Web明細、マーケティングオートメーション、POSなどに集積されたデータにCDPを紐づけなければなりません。CDPは他ツールとの連携により、これら膨大なデータをさまざまな用途で使えるように設定したうえで、営業活動に役立てられます。

複数のツールに分けられていた顧客情報が統一されて、CDPに一元化されるため、これまでよりも精度の高い分析結果を出すことが可能です。

CDPとDMPの違い

「DMP」とは「Data Management Platform」の略で、インターネットでつながったサーバー上に保存されているデータを管理し、マーケティング戦略に利用するプラットフォームのことです。

DMPは広告配信などのアプローチプラン設定に役立つツールで、内部には顧客の属性データやサイト上の行動履歴、インターネット広告の配信履歴などのデータが保存されています。DMP内部に保存されているデータを活用すると、顧客一人ひとりに適した興味ある広告を配信できます。

CDPとDMPでは、取り扱いできるデータの種類が大きく異なります。CDPが匿名データと既存データ両方の情報、さらには1st・3rdパーティーデータを集約・分析できるのに対し、DMPは3rdパーティーデータやCookie、IPアドレス、デバイスなど匿名のオンラインデータしか対応できません。

とはいえ、DMPは外部データの顧客属性やインターネット上の行動履歴などを記録に残せるため、新規顧客の開拓に適しています。自社の顧客に対しても、他社サイトでの行動履歴から、顧客の興味・関心があるものを詳しく理解できる利点があります。

一方CDPは、自社の顧客に関する幅広いデータを管理するツールです。顧客の基本情報から店舗への来店数、購買履歴、自社サイト上の行動履歴も取得でき、顧客のさまざまなデータを分析できます。そのため、CDPは既存顧客へのアプローチなどのシーンでよく使われます。

SSAPカスタマーエクスペリエンス
SAP Customer Data Cloud

CDPの活用方法

CDPには、データを収集・統合・分析してマーケティングに利用する方法や、新規顧客・ファンの獲得に活かすなど、さまざまな活用方法があります。ここでは、データの収集・統合・分析にそれぞれ注目した活用方法を解説します。

データ収集

CDPではサイトを訪問した顧客のアクションを集められるため、それにより顧客が関心を持っている商品・サービスを把握できます。複数のツールで集められたデータやオフラインデータまで集積できるので、顧客個人への理解度を深め、よりパーソナライズした営業活動を行うことが可能です。

データ統合

集めたデータを1つの顧客IDに関連させてまとめることも、CDPの主な利用方法のひとつです。氏名や年齢といった、基本情報が同じデータを探して1つの顧客IDにまとめることで、より詳しい内容が確認できます。

データ分析

1つにまとめたデータは、CDPを利用してさらに詳しく分析できます。顧客の属性や行動履歴などがわかる場合、その詳細なデータを使って、どんな商品やサービスに関心を持つ顧客かを分析することが可能です。

顧客一人ひとりの興味があるものを分析してターゲティングし、興味に合う広告を配信するなど最適な施策を講じることで、新規顧客の獲得や成約率向上が期待できます。また、顧客の属性や行動ログ、利用情報などを機械学習により分析すれば、既存顧客の解約リスクも予測可能です。注意が必要な顧客には、ポイント付与やアフターフォローなどの施策をピンポイントで講じられるため、顧客離れを防ぎつつ新たなファンの獲得が狙えます。

CDP導入のメリット

CDPの主なメリットとしては、「顧客データの一元管理ができる」「顧客に合ったマーケティング施策を行える」「他ツールとの連携ができる」などがあります。以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。

顧客データの一元管理

顧客データの一元管理は、CDP導入によって得られる大きなメリットのひとつです。顧客データを事業単位・部署単位で別個に管理している企業は少なくありません。しかしこれでは、顧客データがバラバラに管理されているため、一部のデータだけでは個人の情報を正しく分析できず、適したマーケティング施策を選べないおそれがあります。

CDPの導入により、組織全体の顧客データを一元管理できるようになれば、顧客データを幅広く取り入れられ、効果的なマーケティング施策の立案や業務効率化が可能です。

顧客に合ったマーケティング施策が可能に

CDPによってデータの一元管理ができる場合、詳細な顧客データ分析により、顧客一人ひとりの嗜好を理解できるようになります。顧客が商品を買った時期や商品購入後のアンケート、商品の購入頻度など幅広いデータを統合・蓄積して、顧客の興味・関心を絞り込むことが可能です。

顧客データ管理を的確に行っていないと、同じ顧客に何度も同じ広告を送ることになり、不快に思われる場合もあります。その点、CDPを利用すれば、顧客一人ひとりに最適なニュースや広告を配信できます。

他ツールとの連携

CDPは、さまざまな他ツールとの連携が可能です。MAやCRM、LPO、BIツールなど各マーケティングツールと連携し保有データを関連づけることで、多くの情報からなる詳しいデータを利用できます。たとえば、CDPとBIツールを連携すると、顧客データの適切な分析が可能になり、より有効な活用方法が見出せるでしょう。

「SAP Customer Data Platform」で高度なエクスペリエンスを構築

「SAP Customer Data Platform」は、世界中で数多くの企業に支持されている大手システムベンダー、SAP社が提供しているCDPツールです。自社の他ツールに保存されているすべての顧客データを統合・一元管理し、顧客の全体像をつかめる次世代顧客データプラットフォームです。マーケティングやコマース、セールスなどの幅広いデータを利用でき、オンライン・オフラインの区別なく必要なデータを呼び出し統合できます。

目的に基づいた顧客データの分析・活用により、顧客一人ひとりに最適なアプローチやフォローなど、これから必要とされるデジタルマーケティング戦略が実現されます。また、SAP社のCRMツールとの連携により、利用可能な情報をさらに深くまで把握できるのもポイントです。デジタルコマース時代の営業活動を大きく強化してくれるので、CDPの導入をお考えの際は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

CDPは、企業が営業活動で蓄積してきた顧客データを収集・統合・分析するツールのことです。CDPを導入することで、複数のシステムで管理されていたデータや、事業部ごとに別個で管理されていたデータをすべて統合し、一元管理できます。これにより顧客情報をまとめて管理できるため、顧客への理解を深めることが可能です。それらを分析すれば、顧客が興味・関心のある商品・サービスを詳しく把握できるので、より実効性の高いマーケティング施策を講じられるでしょう。


RECENT POST「Eコマース」の最新記事


Eコマース

商品情報管理システムを導入するべき理由と成功するためのポイント

Eコマース

商品データを正確に管理・運用して魅力的な商品体験を提供

Eコマース

商品情報管理(PIM)とは?基本機能や導入するメリットを解説!

Eコマース

自社ECの構築方法やメリット・デメリットを解説!

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは?活用法やメリットを解説!