コンテンツマーケティングとは?基礎知識やメリット、実践方法を解説

 2022.05.11  顧客体験(CX)活用ポータル編集部

現代では、デジタル技術の進歩・発展に伴って一般消費者の情報リテラシーが高まっており、競合他社との差別化が困難になりつつあります。そこで重要となるのが、コンテンツマーケティングです。本記事では、コンテンツマーケティングの基礎知識やメリット、具体的な実践方法などを解説します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、価値のあるコンテンツの提供を通じて見込み客を獲得・育成し、製品やサービスの購買につなげるためのマーケティング手法です。従来のマーケティング手法は企業が伝えたいこと消費者に伝えるという、いわゆる売り込み型の戦略でした。コンテンツマーケティングでは、ユーザーのニーズを起点として有益な情報を発信し、潜在顧客や見込み客のファン化を促進するという、中長期的な視点に基づいた戦略を展開します。

コンテンツの種類

コンテンツマーケティングにはオンラインやオフラインといった垣根は存在せず、あらゆるメディアやチャネルを通してコンテンツを発信します。たとえば、コーポレートサイトやオウンドメディア、メールマガジンなどを通じて発信するテキストがコンテンツの代表例です。そして、こうしたオンライン媒体だけでなく、カタログや会報誌、雑誌や書籍などの紙媒体による情報発信もコンテンツマーケティングでは用いられます。

また、WebサイトやSNSなどを通じて発信する写真や画像も重要なコンテンツです。動画配信サービスを活用したオンデマンド配信やライブ配信、オンラインセミナーの開催などもコンテンツマーケティングにおける施策に該当します。セミナーやイベントの開催、製品の展示会などを通じて見込み客の獲得やロイヤルカスタマーの育成に取り組むのもコンテンツマーケティングのアプローチです。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

コンテンツSEOとは、有益なコンテンツの提供を通じて、検索エンジンでの上位表示を目指すマーケティング手法です。検索エンジンは基本的に外部リンクを多く獲得しているWebサイトを評価する傾向があります。過去にはその性質を利用して大量の被リンクを自サイトに送るSEOの手法が流行したこともありました。2010年頃までは有効な施策でしたが、現在ではペナルティの対象となるため、優れたコンテンツの提供によって検索エンジンの評価を高めるコンテンツSEOが重要視されています。

このコンテンツSEOとコンテンツマーケティングを同義として捉える方も少なくありません。しかし、コンテンツSEOはあくまでも検索エンジンを対象としたマーケティング手法です。先述したように、コンテンツマーケティングにはオンラインやオンラインといった区分は存在せず、コンテンツSEOよりも広い概念を表しています。つまり、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングに内包される手法のひとつといえるでしょう。

SAP Customer Data Cloudご紹介
The Total Economic Impact of SAP

コンテンツマーケティングの必要性

現代はテクノロジーの進歩・発展に伴って市場に膨大な情報が溢れ、一般消費者の情報リテラシーが高度化しているため、競合他社との差別化を図ることが困難となっています。オンライン上のチャネルを通じたマーケティングが当たり前となり、インターネット広告の費用は高騰し、さらにGoogleがコンテンツの質を重視するようになりました。これにより、売り込み型のマーケティングが限界を迎えつつあるため、コンテンツマーケティングの必要性が高まっているのです。

コンテンツマーケティングのメリット

ここからは、コンテンツマーケティングのメリットについて見ていきましょう。主なメリットとして挙げられるのは「低コストで始められる」「信頼性や顧客ロイヤルティが増す」「コンテンツを資産にできる」の3つです。

低コストで始められる

コンテンツマーケティングには、マスマーケティングのような大規模戦略と比較して低コストで始められるメリットがあります。コンテンツマーケティングではオンラインやオフラインの垣根は存在しませんが、基本的にはオウンドメディアやSNSなどを通じて情報を発信するため、広告宣伝費を必要としません。もちろん、コンテンツの作成と発信には相応のランニングコストを要しますが、マス広告やインターネット広告よりも費用を抑えつつ戦略を展開できます。

信頼性や顧客ロイヤルティが増す

売上規模を拡大する方法は基本的に「新規顧客の獲得」「顧客単価の上昇」「購買頻度の向上」の3つしかありません。優れたコンテンツを提供することで、オウンドメディアやSNSなどから新規顧客を獲得できる可能性が高まります。さらに、有益な情報を発信し続けることで顧客のファン化を促進し、ロイヤルカスタマーの育成に寄与することによって顧客単価と購買頻度の向上にもつながるでしょう。

コンテンツを資産にできる

コーポレートサイトやオウンドメディアなどはWebサーバーにデータを保存し続ける限り、半永久的な広告塔となるコンテンツです。フォーマットを作成することで横展開も可能となるため、オンライン上のコンテンツを資産として活用できます。さらにオンライン上のコンテンツを通じて得た信頼性や顧客ロイヤルティはオフラインでの集客力の向上に寄与し、OMO戦略の最適化につながるでしょう。

コンテンツマーケティングの実践方法

ここからは、コンテンツマーケティングの実践方法について見ていきましょう。

目標(KPI)の設定

コンテンツマーケティングは中長期的な視点に基づく施策のため、確固たる軸をもつためにも中間目標となるKPIを設定しなくてはなりません。とくにコーポレートサイトやオウンドメディアであれば、GoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleを活用することで検索流入数や滞在時間、離脱率などの分析が可能です。こうした指標をKPIとして設定することで、コンバージョンの獲得へと至る道筋を段階的に分析できます。

ペルソナの設定

あらゆるビジネスにおいて最も重要な経営課題のひとつがターゲティングです。ターゲティングを最適化するためには、潜在顧客や見込み客が何に悩み、どのような状態であり、どうなりたいと願っているのかを徹底的にリサーチしなくてはなりません。ターゲットを明確化することで詳細なペルソナが設定され、ぶれないコンテンツ配信が可能となります。

コンテンツの作成

KPIとペルソナが設定されたなら、次のフェーズはターゲットが求めるコンテンツの作成です。たとえば、オウンドメディアを作成するのなら、まずはトップページから個別ページに至るフローをサイトマップとして落とし込み、コンバージョンへつながる導線を可視化します。セミナーやイベントの開催なども同様で、最終目標につながる導線を明確化した上で、潜在顧客や見込み客が求めるコンテンツを作成する必要があります。

効果測定

コンテンツマーケティングは一度実践して終わりではなく、「計画(Plan)」→「実行(Do)」→「評価(Check)」→「改善(Action)」のPDCAサイクルを回し続ける継続的な改善が必要です。オンライン上のチャネルであればPV数や直帰率などを分析し、オフラインの場合はアンケートの回答率や見込み客の反応などから施策の効果を推し量ります。

コンテンツマーケティングを成功させるための3つのポイント

コンテンツマーケティングを成功させるためには、押さえておきたい3つのポイントがあります。それが「カスタマージャーニーマップの作成」「ロングテールキーワードの活用」「ノウハウのある企業にサポートを依頼」の3つです。

1.カスタマージャーニーマップの作成

カスタマージャーニーマップとは、見込み顧客が自社の製品やサービスを認知してから購入に至るまでの行動パターンを可視化した図表です。カスタマージャーニーマップを作成することで顧客の購買行動を俯瞰的に分析できるため、ユーザー目線に立った販売戦略やプロモーション展開を立案・実行できます。

2.ロングテールキーワードの活用

オンライン上でコンテンツマーケティングを展開する上で欠かせないのが「ロングテールキーワード」です。たとえば、「化粧水 通販」といったビッグキーワードで検索エンジンの上位表示を獲得するのは困難です。「化粧水 混合肌 30代」など、複数の単語を組み合わせた局所的なキーワードを意識することで、検索ボリュームは少なくても購買意欲の高い見込み客を獲得できます。

3.ノウハウのある企業にサポートを依頼

コンテンツマーケティングは一朝一夕で成果を得られる戦略ではないため、ノウハウのある企業にアウトソースするのも有効な施策です。マーケティングやプロモーションを委託することで自社の人的資源を設計や開発といったコア業務に注力できます。IT Communicationsは、さまざまなマーケティング領域をサポートしているため、アウトソースを検討している企業様はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

コンテンツマーケティングは、価値のあるコンテンツの提供を通じて見込み客を獲得し、製品やサービスの購買につなげるためのマーケティング手法です。自社ならではの有益なコンテンツを提供することで、潜在顧客や見込み客の育成にもつながり、比較的低コストで競合他社との差別化を図れます。コンテンツマーケティングを推進する企業は、IT Communicationsが提供する各種分析サービスの導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

デザインシンキングの実践事例とワークショップのご案内

RECENT POST「マーケティング」の最新記事


マーケティング

ブランディングとは?Webブランディングをおすすめする理由を紹介

マーケティング

コアウェブバイタルの3つの指標と改善方法を詳しく解説!

マーケティング

【2022年】OMO導入事例7選!メリットや3つの手法を紹介

マーケティング

CDPとは?導入のメリットやCRM、DMP、MAとの違いを解説

コンテンツマーケティングとは?基礎知識やメリット、実践方法を解説
デザインシンキングの実践事例とワークショップのご案内
次のレベルのパーソナライゼーション

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み

RANKING人気記事ランキング