データ統合がデジタルマーケティングに必要な理由とは

 2021.09.30  カスタマーデータ活用ポータル編集部

情報化社会となった現代市場で企業が競争優位性を確立するためには、WebサイトやSNSを活用した戦略的なデジタルマーケティングが欠かせません。そして、デジタルマーケティングを展開していく上で重要となるのが「データ統合」です。本記事では、データ統合がデジタルマーケティングにおいて必要となる理由や課題について解説します。

データ統合とは

データ統合とは、組織内に分散しているさまざまなデータを集約して一元化し、データ分析の環境を整備する施策を指します。企業規模や事業形態によって異なるものの、業務データは各部門がそれぞれの情報システムで管理されているのが一般的です。しかし、データ分析は収集・分析・可視化というプロセスが必要であり、情報量が膨大であるほどデータの検索や分析に時間を要します。

そこで必要となるのが、組織内のあらゆる情報を集約して一元化するデータ統合です。各部門に分散している経営データを統合管理することで情報の分析と共有が円滑化し、部門間連携の強化や意思決定の迅速化につながります。さらに、定量的な分析に基づくマーケティング戦略の立案が可能になるため、競争が激化する市場や多角化する顧客ニーズに対して的確に対応できる可能性が高まります。

データ統合の課題

組織内に分散する経営データを統合することでさまざまなメリットを享受できます。しかし、データ統合を実現するためには、いくつかの乗り越えなくてはならない課題が存在します。たとえば、「テクノロジーの進化に伴う爆発的データ量の増加」と「レガシーシステムの運用」です。

今や情報通信技術の活用なくしてビジネスの発展はあり得ないと言っても過言ではなく、多くの企業がさまざまなITシステムを活用しています。しかし、テクノロジーの進歩・発展に伴って企業が取り扱う情報量は指数関数的に増大しており、ビッグデータをいかに戦略的に活用するかが重要な経営課題となっています。ビッグデータを効率的かつ効果的に運用するためには、各部門に分散している業務データを統合的に管理するデータ分析基盤が必要です。

ビッグデータの分析基盤は基本的に「データレイク」「データウェアハウス」「データマート」という三層のレイヤーによって構成されており、この三層レイヤーを構築するためにはレガシーシステムの刷新が求められます。しかし、大企業のような資金力をもたない中小企業にとってレガシーシステムの刷新は簡単ではなく、ITシステムの老朽化や肥大化、ブラックボックス化に頭を悩ませているのが実情です。

指数関数的に増大しつつある経営データを戦略的に活用するためには、膨大な情報を統合管理するデータ分析基盤が必要であり、その環境を整備するためにはレガシーシステムを刷新しなくてはなりません。つまり、ビッグデータを効率的に運用していくデータ分析基盤を、どのようにして構築するのかという点がデータ統合を実現する上での課題といえるでしょう。

レジリエンスと変化する経済に適応するコマース
主流になるデータプライバシー カスタマーエクスペリエンスの思いもよらない機会

データ統合がマーケティングに必要な理由

20世紀半ばにノイマン型コンピュータが発明され、わずか半世紀足らずで世界に情報革命をもたらしました。その進化は今なお加速し続けており、現代ではスマートフォンやタブレットといったデバイスが爆発的に普及し、誰もが膨大な情報に手軽にアクセスできる時代へと突入しています。しかし、ITの進歩・発展は人々の暮らしに豊かさと利便性をもたらす一方、顧客ニーズは高度化かつ多角化しており、それに伴って製品ライフサイクルは短命化しつつあります。

このような時代のなかで企業が新たな市場価値を創出していくためには、定量的な市場分析による的確な需要予測と、それに基づくマーケティング戦略が不可欠です。また、テクノロジーの進歩に比例して市場の変化速度も加速しており、事業の最適化を図るためにはリアルタイムなデータの統合と分析が欠かせません。顧客の潜在ニーズや市場の需要を的確に捉えたデジタルマーケティングを展開するためにも、組織内に分散する経営データを統合的に管理できるシステム環境の構築が求められます。

データ統合で注意するべきポイント

ここからは、データ統合に取り組む上で注意するべきポイントについて見ていきましょう。

ツールの選定は慎重に

データ統合といっても企業によってその目的や規模が違うため、必要なツールも異なります。たとえば、企業全体の業務データを統合的に管理し、意思決定の迅速化や業務連携の強化が目的であれば、必要となるのは統合基幹業務システムと呼ばれる「ERP(Enterprise Resources Planning)」です。ビッグデータを統合管理する分析基盤を求めるのならば、先述したデータレイク・データウェアハウス・データマートの三層レイヤーを構築しなくてはなりません。

あるいは、データ統合によって膨大な顧客情報をマーケティング戦略に活用することが目的であれば、顧客データ基盤と呼ばれる「CDP(Customer Data Platform)」や、顧客関係管理システムの「CRM(Customer Relationship Management)」が必要です。このようにデータ統合といっても、どのような事業目標を掲げるのかによって必要なツールが異なります。そのため、データ統合を実施する際は、自社の企業規模や事業形態に適したソリューションを選定する知見が求められます。

活用イメージを具体化

経営データは収集するだけでは意味を成さず、定量的な分析を行ってビジネスに活用してこそ真価を発揮します。そのため、データ統合をプロジェクト化し、システムを導入するだけでは効果が得られません。したがって、経営データを統合的に管理する事業目標を明確化する必要があります。データ統合はあくまでも企業価値向上の手段であり、目的そのものではありません。自社の企業理念や経営ビジョンに基づいて事業目標を明確化し、得られたデータをどのように活用するのかを定義しておきましょう。

スムーズなデータ統合を実現する「SAP Customer Experience」

自社の経営データを統合的に管理し、顧客満足度と顧客ロイヤリティの向上を目指す企業におすすめしたいのが、SAP社が提供するCRMサービスの「SAP Customer Experience」です。SAP社はERP分野において世界トップシェアを誇るリーディングカンパニーであり、主にエンタープライズ向けのソリューション開発を手掛ける企業です。

SAP Customer Experienceは、ERP開発の知見を活かして設計されたソリューションで、顧客データを1つのプラットフォームで一元管理し、一人ひとりのユーザーにパーソナライズされた優れた顧客体験を提供できます。もちろん、「SAP ERP」や「SAP S/4HANA」といったSAP社のERP製品とのスムーズな連携も可能です。データ統合によって新たな市場価値の創出を目指す企業はSAP Customer Experienceの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

https://www.sap.com/japan/products/crm/products.html#active_tab=item_1602592257238

まとめ

テクノロジーの進歩・発展によって人々の暮らしは豊かになる一方で、市場の競争性は激化の一途を辿っています。このような時代のなかで企業が市場の競争性優位性を確立するためには、精度の高い市場分析や需要予測に基づくデジタルマーケティングが不可欠です。イノベーションの創出や優れた顧客体験を提供するためにも、組織内に分散する経営データの統合管理に取り組んでみてください。


RECENT POST「顧客データ」の最新記事


顧客データ

データ分析の基本と実践

顧客データ

デジタル時代のマーケティング分析

顧客データ

DMPとは?

顧客データ

データ統合ツールとは?種類や必要性を知りマーケティングに役立てよう

データ統合がデジタルマーケティングに必要な理由とは