優れたCX を実現する「顧客データ」活用のあり方を探る

顧客接点の多様化を味方につけて差別化が難しいデジタル時代を生き抜く

優れたCX を実現する「顧客データ」活用のあり方を探る

顧客接点のオムニチャネル化が進む今、顧客エンゲージメントの強化やロイヤルカスタマーの育成は、あらゆる企業にとって共通の重要課題です。多くの企業は以前からCRM などのIT ソリューションを活用することで顧客対応の最適化を進めてきました。

しかし、デジタル化がさらに加速する現在では、顧客対応においてどのようにデータと向き合い、どのように顧客体験を向上させていけばよいのでしょうか。オイシックス・ラ・大地株式会社 奥谷孝司氏とSAP ジャパン株式会社 富田裕史氏の対談から、その方向性を探ります。

▼本資料のポイント

  • 顧客体験の重要性を再考するべき理由とは
  • 高い顧客体験を提供できない企業に起こり得るリスク
  • 顧客データの活用で配慮するべき点
  • 顧客体験をデジタルで強化した先進事例

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード