商品情報管理ソリューションの基礎知識・機能を解説!

 2021.09.30  カスタマーデータ活用ポータル編集部

スマホなどの普及に伴い顧客接点が増える中、現在のマーケティングはマルチチャネルへの販促が重要となっています。その際、販促活動の成功を決定づけるのが、商品情報の充実度です。そこで本記事では、企業の商品情報管理をサポートし、マーケティング業務の質と効率を助ける「商品情報管理システム(PIM)」の概要をご紹介します。

商品情報管理(PIM)とは

「商品情報管理(PIM)」とは「Product Information Management(プロダクトインフォメーションマネジメント)」の略で、商品情報の管理に特化したデータマネジメントツールのことです。PIMは企業が保有する商品情報を一元管理し、Webや各種アプリケーションとシームレスな連携を実現します。これによって、企業はECサイトやSNS、アプリなどマルチチャネルでの商品プロモーションを効率化できます。

PIMとMDMの違い

PIMと類似したITツールとして、「MDM」が挙げられます。これは「Master Data Management」の略で、商品のマスターデータを管理するためのツールです。

どちらも商品データの管理を行う点では共通しますが、MDMは商品のマスターデータ(基礎データ)という全社的な単一のデータ基盤を提供するものです。一方、PIMはとりわけオムニチャネルでのプロモーションの発信など、マーケティング分野により特化したツールになっています。それゆえPIMはMDMの一領域として位置づけられ、PIMとMDMを併用する企業もあります。

B2Bコマースを実現する デジタルコマースプラットフォームのご紹介
レジリエンスと変化する経済に適応するコマース

商品情報管理(PIM)の主な機能

PIMにはどのような機能が搭載されているのでしょうか。以下では、PIMの主要な機能を解説していきます。

データ管理機能

PIMは商品情報を属性ごとに階層的にカテゴライズできるので、商品情報をわかりやすく整理可能です。これによって類似商品や関連商品との紐づけもしやすくなり、必要な情報へのアクセス性が強化されます。

データチェック機能

PIMには、登録データの整合性を確保するためのデータチェック機能が搭載されています。商品情報の誤表記は法的問題にもなりかねない大きなリスクですが、商品が多くなればなるほど情報の精度や整合性の確認作業は煩雑になり、見落としも起こりやすくなってしまいます。しかし、PIMのチェック機能なら、短時間でそうしたチェックを行えます。

外部インターフェース

PIMにおいては、既存の社内システムと連携して商品情報を統合したり、ECサイトやSNSに商品情報を発信したりといった、外部インターフェースとの連携機能が大きな役割を果たしています。情報の受け渡しがスムーズにできることで、情報発信の速度を高めたり、保管する情報の粒度を標準化したりなど、データ管理の質や効率性を向上できます。

商品情報管理(PIM)を導入するメリット

PIMを導入することで、企業はどのような効果を得られるのでしょうか。以下では、PIMの導入メリットについてご紹介します。

商品情報の一元管理が可能

PIMは商品に関するあらゆる情報を集約し、一元管理することが可能です。販売チャネルのマルチ化や顧客活動の変化、ビジネスのグローバル化などに伴い、マーケティングに必要な商品情報は質・量ともに増えています。また、マルチメディアの活用が進む中、商品情報のデータ形式もテキスト・画像・動画など多様化しています。こうした大量かつ多様な種類のデータを手作業で管理する場合、非常に手間がかかってしまいます。

PIMを導入すれば、簡単に一連の情報を統合し、素早く商品情報にアクセスできます。そうして商品情報を充実させることによって、データドリブンなマーケティング戦略が実現します。

各システムとの連携

PIMは、既存のさまざまな社内システムと連携できます。多くの日本企業は部門ごとに最適化したシステムを採用しており、データベースも部門ごとに独立的に運用されていることが珍しくありません。しかし、そのように商品情報を分散的に管理していると、部門ごとに商品情報の量や種類、粒度などにばらつきが出てしまい、整合的なプロモーションの実施が難しくなってしまいます。

PIMを導入すれば、部署ごとに散在していた商品情報をPIM上に集約し、部署間の情報共有の質を高めることが可能です。これにより、他部署とのコラボレーションも促進できるでしょう。

販促強化による売上の向上

B2BやB2Cを問わず、現代の顧客は十分な情報を得たうえで購入の意思決定ができるように、さまざまなチャネルで商品情報が得られることを望んでいます。この点において、上記のメリットからもわかるようにPIMは信頼性が高く、充実した高品質な商品情報の素早い発信を可能にします。

PIMを活用すれば、企業はECサイトやコーポレーションサイト、アプリケーション、SNSなどさまざまなチャネルで整合的な販促活動を展開し、より魅力的な顧客体験(CX)を顧客に提供できるでしょう。販促活動を通じて提供される優れた顧客体験は、顧客満足度を向上させ、結果として企業の売上アップやブランディングに寄与します。

「SAP Customer Experience」で管理体制を強化

上記のように、PIMのようなデータ管理ソリューションを活用することで、企業はデータドリブンなマーケティング戦略の実施が可能になり、販促活動の効率化や効果アップが見込めます。PIMを活用したマーケティング効果は、ほかのITソリューションと組み合わせることで、さらなる向上が可能です。そこでPIMとともにおすすめしたいデータ管理ソリューションが、次世代クラウド型CRMソフトウェア「SAP Customer Experience(SAP C/4 HANA)」です。

SAP C/4 HANA では、CRM(顧客管理システム)の顧客データと、在庫管理や生産管理といったERPの業務データ連携が可能です。SAP C/4 HANAと PIMの提供するデータを組み合わせ、データ駆動型のマーケティング戦略を実施していくことで、より優れた顧客体験の提供が可能になるでしょう。

まとめ

商品情報管理(PIM)は、部門横断的に商品情報の管理を一元化し、マルチチャネルによる迅速かつ整合性の取れた販促活動を可能にします。スマホなどの普及に伴って、商品購入前に商品情報を入念に調べる顧客が増えている現在、充実した商品情報の提供は優れた顧客体験(CX)に直結し、売上アップや顧客満足度の向上につながります。このようにPIMをはじめとするデータ管理ソリューションの導入は、データドリブンなマーケティング活動を可能にし、企業に大きなメリットをもたらします。


RECENT POST「Eコマース」の最新記事


Eコマース

製造業がやるべきデジタルマーケティングの戦略とは?

Eコマース

商品情報管理システムを構築する際に気をつけたいポイントとは?

Eコマース

商品データを管理する方法や必要性を徹底解説!

Eコマース

販売管理とは?業務フローや効率化するシステムについて

商品情報管理ソリューションの基礎知識・機能を解説!